カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
赤い日にちは定休日となります。
期間中頂いたご注文の商品発送は最終定休日の翌日となります。

モバイル

Feed

American Optical(アメリカン・オプティカル)









1833年
宝石商であった「William Beecher/ウィリアム・ビーカー」がマサチューセッツ州サウスブリッジにあった彼のジュエリーショップの2階で眼鏡フレームの製造をスタート。

1843年には初めてスチール(鋼)製のフレーム作成に成功。
それ以前の高価な素材のフレームより安価に製造・販売が可能に。それまでは貴族・富裕層にのみ使用されていた宝飾品から庶民が手に出来る眼鏡となり、新しい時代の幕開けとなりました。



1862年、ビーカーが引退。1864年には弱冠18歳にして機械学の天才と謳われた「George Wells/ジョージ・ウェルス」が入社。
1869年2月26日、『American Optical/アメリカン・オプティカル』社として法人格を取得、しばらくしてジョージ・ウェルスが社長に就任します。











ジョージ・ウェルスはブリッジのパーツ、テンプルパーツなどを自動で削り上げる切削機など、数々の機械を発明しまた、レンズについての研究開発も進め、数々の特許を取得。
遠近両用(二重焦点)レンズの仕組み(レンズ下部分に出っ張りのあるレンズ)をはじめ、今尚ほとんど変わらない仕組みで使われているレンズの加工機も彼によって初めて作られた物です。



さらにフレームの新しいスタイルの開発にも意欲的でした。1874年、「RIMLESS/リムレス」というレンズの周りに全くリムのないスタイルが発明され人気を得ます。
1891年、初の「GOLD-FILLED/ゴールドフィルド(金張り)」フレームが作られ、1907年には金張りの素材まで自社で製造するようになります。




Neil Hamilton(俳優) in 1932




ジョージ・ウェルスという天才によって成し遂げられた数々の発明、改良のおかげで、眼鏡の製造方法は飛躍的な進歩を遂げました。
1912年、ジョージ・ウェルスが死去。



その後、AO社は金張りフレームに彫金を施した商品を大ヒットさせ、アメリカ中の一般大衆に眼鏡を広く普及させまし た。1930年に「FUL-VUE/フルビュー」という新しいスタイルをリリース。

それまでサイドマウントというヒンジがレンズの真横にあるスタイルが主流であった中、ヒンジが真ん中より上部にあるこのフルビューというスタイルは1930年代、40年代に大流行します。
当時、「B&L/ボシュロム」、「SHURON/シュロン」、「ART CRAFT/アートクラフト」などのアメリカの主要な眼鏡メーカー各社はAO社にライセンス料を支払い、このフルビュー・スタイルの金張りフレームを数多くリリース。B&LやSHURON等のフレームにAOの商品名「FUL-VUE」との刻印が入ったものも多く存在します。





商品一覧

おすすめ順 | 価格順 | 新着順

ピックアップ商品