カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

2017年11月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2017年12月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
赤い日にちは定休日となります。
期間中頂いたご注文の商品発送は最終定休日の翌日となります。

モバイル

Feed

2013年、コンバースUSAからローンチされた『1970s Chuck Taylor All Star/チャックテイラーオールスター』

日本では『CT70』『復刻チャックテイラー』『三ツ星』などの通称で親しまれています。


さてこの復刻チャックテイラー、当初は『First String/ファーストストリング』というリミテッドラインからドロップされていましたが現在、他ブランドとのコラボレーション以外は通常のラインで展開されています。



また、多少の仕様変更などもありましたので分かる範囲でその変遷を追っていきたいと思います。
 



2013年2月に「First String/ファーストストリング」アカウントを持った数十店舗のみで『1970s Chuck Taylor All Star collection』としてBlack HIとParchment OXの2色がローンチ。



続いて4月に Sunflower HIとCrimson OX、7月にHeritage blue HIとTrue navy OXがローンチされました。


その1年後の2014年2月、通常のインラインからもFirst Stringの2013春夏モデル6カラーが「premium chuck」としてローンチ。



違いはヒールパッチとインソールのシグネチャープリントのみ。



「First String」はのヒールパッチいわゆる「三ツ星」




インソールのシグネチャープリントは「☆CONVERSE」のシグネチャーを枠で囲まれた仕様。





「Premium chuck」は黒地に白で「CONVERSE ALL☆STAR」と入ったヒールパッチ



インソールのシグネチャープリントは「CONVERSE」のみ。





この「premium chuck」シリーズも2017年には店頭から姿を消しました。

コンバースUSAから公式のプレスリリースはないものの、First Stringラインはインラインに取り込まれ、「premium chuck」シリーズは消滅。

 「'70 Chuck Taylor HI Vintage Canvas」ラインとして一本化し現在インラインで展開中です。



そして2016年夏モデル頃から三ツ星パッチに立体バージョンが登場。
定番カラーのブラック、パーチメント以外は現在はこちらのパッチの仕様に変更になっています。







従来の三ツ星パッチは下記のような平面タイプです。








今期の'74ワンスターからインソールにオーソライトを使用しクッショニングシステムを向上させたりと、新しいテクノロジーを取り入れながらも廉価なカジュアルシューズではない、まだ”バスケットボールシューズ”だった頃の素晴らしいプロダクトをリプロダクトする、コンバースUSAの復刻シリーズ。

今後も仕様変更などあればこちらにまとめていきます。





 

ピックアップ商品